当事務所は、国内・国際の一般企業法務を基本とし、各種紛争解決手続、事業再生、倒産、事業承継、M&A、企業再編、金融法務、知的財産権法務、不動産証券化等のストラクチャード・ファイナンス、IT・通信、PFI、労働法務、一般民事・刑事事件等の多岐の案件を取り扱う総合法律事務所として、お客様の多様なニーズに対応し、各分野を専門とする弁護士が高水準のリーガル・サービスをご提供させて頂く体制を整えております。2006年5月に東京丸の内法律事務所と春木・澤井・井上法律事務所が統合したことや、その後、知的財産部門の拡充もあり、双方の得意分野を活かしながら相互に緊密な連携をとることで、従来にも増して広範な法律分野をカバーすることが可能となり、総合的な見地からそれぞれの案件に的確かつ迅速に対応させて頂くことが可能となりました。現在当事務所が取り扱っている主な業務内容は下記のとおりです。