img/cap09.jpg

企業活動のうえで、情報通信技術の活用は不可欠なものとなっており、また、ホームページに関する様々な問題も発生しつつあります。
当事務所は、情報・通信分野について20年以上の業務経験があり、その間に培ったインターネットの基盤に関する知識経験、電子署名をはじめとする様々なセキュリティ技術・制度に関する知識経験に基づいて、IT技術を利用したビジネス・モデル、サービスや個人情報の保護に関する法律的視点からの助言を行ってまいりました。
また、IT技術の普及にともなって、様々なセキュリティ上の問題が発生しておりますが、当事務所では、リスク管理を含むこのような諸問題についても、種々の助言を提供させていただいております。
当事務所は、このような知識経験をさらに拡充し、幅広く社会に貢献できる業務を行って参ります。

 
(関連著書・論文)

 

  • 千葉克彦「情報セキュリティプロフェッショナル総合教科書」(共著)(秀和システム 2005.5)
  • 室町正実・千葉克彦(共著)「電子手形取引システムの実装化―信金中金「電子手形サービス」の概要 (法務の話題)」 (旬刊金融法務事情 2003.10.15)
  • 室町正実「貿易取引の電子化とその課題(特集 電子化時代の情報と法―各論)」(ジュリスト 2002.1.15)
  • 室町正実「電子商取引に関する法制度の検討状況(特集 電子商取引の法律問題)」(自由と正義 1998.3)
  • 室町正実「決済の多様化と民法――ネットワークを利用した決済(特集 民法100年――新時代の民法を展望する)」(ジュリスト 1998.1.1・15)
  • 室町正実(共著)「取引の電子化と法律問題(特集 これからの社会と民事法―「かかわりあい」の変化)」(法学セミナー  1996.9)